カテゴリー
バーチャルオフィス

東京進出への最適な方法とは?

バーチャルオフィスなら低リスクで東京へ進出できる

地元のマーケットだけでなく東京、全国のマーケットを開拓したい。しかし、支店を出して東京進出となると、オフィスを借りて人も雇う必要があるから失敗した時のことを考えるとリスクが大きすぎると考える方が多いのではないでしょうか?

確かに自社でオフィスを構え、人を採用するとなると、数百万では賄いきれないくらいのコストが発生する可能性があります。オフィスを開設するのには保証金が必要になりますし、内装や什器にコストがかかります。また人を採用するにも採用費がかかりますし、一度採用してしまえば人件費が発生します。そんな状態で東京に進出を果たしても売上が立たなかったら意味がありません。オフィスだけでしたら解約して原状回復をすればよいですが、一度採用してしまった人を解雇するとなると様々な点で残念なことになります。

こういうリスクがあるがために、東京進出をしたいがまだまだ先にならないと無理と考えている方にバーチャルオフィスは最適なソリューションと言えます。バーチャルオフィスを使うことによって、リスクを低減させて東京進出をすることが可能になります。

東京に住所があることのメリットは?

よく地方に行く際に、ビジネスを大きくしたいなら東京に住所があった方がよいですよとお話しさせていただくのですが、そのメリットについては説明しないと理解していただけないことが多くありますので、一度説明させていただきます。東京に住所を置くことのメリットは2つあります。

1.東京のみならず全国のマーケットを相手にできるようになる
2.地元での信頼性をアップさせることができる

1.東京のみならず全国のマーケットを相手にできるようになる
例えばWEB制作を依頼する場合ですが、多くの場合小回りが利いてコミュニケーションが取りやすい地元の企業に発注するか、都市部で全国を相手にしている信頼性の高い企業に依頼をするケースが多いのではないでしょうか?ある地方の会社が別の地方の会社に依頼をするということはあまりないような気がします。
つまり受注する側からしてみれば、対外的に自社がローカル企業であることしか見せることができていない場合は、おそらくほとんどがその地域からのみの受注になってしまうということです。これが東京にオフィスがあることによって、東京の企業やその他の地方の企業から受注できる可能性を高めることができるのです。

2.地元での信頼性がアップ
地元で名刺交換をする際に、渡された名刺に本社住所だけでなく東京支店など複数拠点の住所がある場合、その企業は大きくしっかりとした企業ではあると感じるのではないでしょうか?東京に拠点を持つことによって地元での信頼性をアップすることができるようになるのです。

東京に住所があることのメリットをご理解いただけましたでしょうか?こういったメリットをコストをかけることなく享受出来るのがバーチャルオフィスなのです。