カテゴリー
バーチャルオフィス 審査体制

気を付けるべきバーチャルオフィスの審査体制とは?

バーチャルオフィスって価格だけで決めていいの?

バーチャルオフィスという言葉は既に一般的に知られるようになっており、東京のバーチャルオフィスを検索すると、本当に多くのバーチャルオフィスが見つかります。種類も様々で価格帯もとても広くなってきていますし、一定数以上のサービス提供者が市場に参入をしたことがきっかけとなってそれぞれが特徴を出して他との差別化を考えるに至っているようです。固定費用という観点からすれば、バーチャルオフィスの利用料金は安いにこしたことはなく、またそのようなニーズが一定数以上あったからこそ激安のバーチャルオフィスも見かけるようになりました。しかし、ビジネスを行う上で重要な「住所」は、単に値段の安さだけで選ぶべきではないと言えるでしょう。安さにはそれ相応の理由が必ずと言っていいほどありますし、またバーチャルオフィスという属性柄、例えば「たくさんの方々が利用してくれているので値段を安くできる」という話であれば、その言葉が意味することは「それほど多くの人々が自分と同じ住所で会社を登記している」ということにほかなりません。それがダメだというお話ではなく、そのような点も勘案したうえで自分自身のニーズや状況にしっかりと照らし合わせた住所選びが必要である、ということです。

そのバーチャルオフィスの住所は犯罪によって汚れていないか確認

バーチャルオフィスは、その重要な「住所」を借りるサービスです。そしてその住所は、そのバーチャルオフィスサービスに入会している全ての法人が共有する形で利用していることになり、例えばその中の1社でも犯罪行為などを行ってしまうと、その住所が汚されてしまうということになります。バーチャルオフィスの住所がどのように守られているか、どのような人たちに使われているのかといった観点においても可能な限りのチェックを経てサービル利用に至るのが望ましいでしょう。

こういう審査体制の所は注意

自分の会社の住所が汚されてしまわないようにするためには、審査体制がしっかりしているバーチャルオフィスを選ぶ必要があります。
・すべての必要書類をオンラインで提出できてしまう
・必要書類を提出すれば無条件で契約が完了してしまう
・運営会社と一度も対面せずに契約が完了してしまう
・代表者以外の人でも契約ができる
というようなバーチャルオフィスは少し慎重に検討する必要があるかもしれません。