Prev next

1/2成人式 イメージ

#10:【2012年版】金沢大学附属小~地元が応援する1/2成人式


10歳を迎える子どもたちが、将来の夢を宣言する1/2成人式と出会って2年。私たちSISはこの学校行事をサポートする試みを続けています。こうした活動に対し、さまざまな方々から共感や応援をいただくことで、さらに多くの学校で活動を広げていきたいという気持ちがより強まりました。一方で、私たちが単独で学校に足を運び、ワークショップを行っていくことに限界があることから、広く展開する取り組み方について摸索してきました。 tsutawaru_coa_10_01.jpg
tsutawaru_coa_10_02.jpg そうした中、モバイルフォンスターのキャラクター開発でご一緒した金沢美術工芸大学の後藤先生や、石川県ユネスコ協会とその青年部の方々とともに、金沢から1/2成人式を広げていこう、というプロジェクトを立ち上げることに。そして、この取り組みに賛同していただく学校を探している中、金沢大学附属小学校が名乗りを上げてくださり、活動がスタートしました。
私たちが2年間培ってきたプログラムが、全国へと自走して広がっていくこと。それが私たちの最終的なゴールイメージとなります。
そのためには、私たちの持つノウハウをシェアしていくことが大切です。広告スキルを活用した授業内容や、プログラム全体を運営・推進していく手順を、協働する方々に提供しました。今回、プロジェクトの中心的役割を担ったのは、地元の大学生からなる青年部。1/2成人式を迎える10歳の子どもたちの姿を、10年前の自分たちと重ね合わせ、楽しみながらも、一生懸命、真剣に向き合っていました。

プログラムはまず、「より伝わる」ためについて学ぶ授業からスタート。次に、1/2成人式で子どもたちが宣言する夢を、4コマのストーリーシートに作り上げる絵コンテづくりをサポートしていきます。そして仕上げに、iPadを使った「将来の夢」のClipCM制作。初めてiPadに触れる子どもたちが、とたんに操作を覚えてしまう吸収力のすごさに、毎度のことながら感心と感動を覚えます。
tsutawaru_coa_10_03.jpg
tsutawaru_coa_10_04.jpg そして迎えた3月15日、いよいよ1/2成人式の幕開けです。晴れの舞台は、学内にある大講堂。金沢大学附属小学校の子どもたち125名は、たくさんの保護者や関係者が見守る中、医者や学者、サッカー選手、ピアニスト...、自分が将来なりたい夢について、4コマの映像を背景に堂々と宣言していきます。宣言に込められた子どもたちの純真な想いが、保護者や先生方をはじめ、会場内にいるすべての人々に伝わっていくのを肌で感じました。

今回のプロジェクトを通じて、青年部の学生たちは、"子どもたちの成長に直に関わる体験の中で、自分自身の成長にもつながる貴重な機会を得た"と話をしていました。もちろん、私たちにとっても大きな成功体験です。この活動の輪を、金沢だけでなく石川県、そして全国へと広げていきたい気持ちが、今回関わったメンバー全員の共通な想いになりました。実際、石川県の中で広める動きが始まろうとしています。さらには、全国に支部を持つユネスコの中でも、石川県からの発信をしていこう、という計画が進められています。

Prev next

Information from NewEntry

#7:『伝わるワークショップ』@名古屋大学【2012/08】

私たちSISが名古屋大学の授業で『伝わるワークショップ』を開催するのも、今年で3回目。今年...

#11:【2012年版】ドキュメンタリー映像(金沢大学附属小)

2012年3月15日に金沢大学附属小学校にて行われた『1/2成人式』と、約2カ月に渡ったワ...

pagetop