Prev next

FIRST WORKS イメージ

#004:+シリーズ【プロダクトデザイナーユニットHATT×SIS】


何気ないふつうのものが、クリエーティビティを誘う遊び道具に!

 

パパが子どもと過ごす時間に、高価な道具や精密な機械はなくても、きっと楽しめるはず。
日常にありふれた色んなモノがちょっとしたプラス(+)アイデアで、「!」と興味を引き、
遊び心を膨らませる「おもちゃ」に生まれ変わったら、毎日がきっと楽しくなることでしょう。
そんな想いのもと、『+シリーズ』として、様々なプロダクト=おもちゃを考えてみました。

 

この取り組みでコラボしたのは、プロダクトデザイナー二人組で活動するユニットHATT。
いつも何気なく使っているものに、シンプルなアイデアやデザインをほどこすことで、
モノが新しい価値を持って輝きだす、そんなプロダクトを生みだしていきたいという彼らの想いは、
広告クリエーションに身をおく私たちと共通項があり、その核心をもって、
パパと子どものおもちゃを一緒に創っていこうということになったのです。

 

そして生まれたのが、7つのプロダクトアイデアとデザイン。
ちょったしたプラス(+)がスパイスになっているツールの数々。
それ単体で完結するのではなく、そこから広がるパパと子どもの
楽しい会話やコミュニケーション、遊び、ふれあいが想像できます。
一見、おもちゃのようには見えませんが、そんな想像をふくらますと、
あ!これってまさに、おもちゃと言ってもいいかも!と思い返してみることになるでしょう。

 

works04-01.jpg     works04-02.jpg

 

ホットケーキを焼くフライパンは平らだけど、そのカタチがもし「吹きだし」になっていたら?
パパと一緒に、チョコレートペンでセリフを書いて、そこから会話が弾むかも。

 

寝る前に、パパの隣で一緒に思わず遊びたくなるようなパジャマがあったら?
体をあわせるとピタリとはまるパズルのようなデザインのパジャマは、
パパと子どもの距離をあっという間に縮めてしまうかも。

 

家にある傘に、小さなハンドルを付けるだけで、憂鬱な雨の日が楽しくなったら?
雨の日も、パパに肩ぐるましてもらって、ちょっと散歩にでかけたくなるかも。

 

そんな遊び心とクリエーティビティいっぱいの、プロダクトデザイン・ショーケース。

 

くどくどした説明は必要がありません。
一目見れば、なんだかちょっと心がときめいたり、頬が緩んでしまうはずです。
子どもと過ごす休日が待ち遠しくなる、そんな気分を誘うアイデアをぜひお楽しみください。

 

>>もっと詳しく(PaPaCo Design Project公式サイトへ)

Prev next

Information from NewEntry

#9:「健康日本21全国大会」にて、カズフミくんを紹介しました

2012年10月19日に、厚生労働省・健康日本21推進国民会議などの主催による、「第13回...

#9:電通エントランスに『きのかみ』を期間限定で展示

2012年10月15-26日、汐留にある電通本社ビルのエントランスエリアにて、「Wood ...

pagetop