next

FIRST WORKS イメージ

#001:アースガラガラ


音で地球を、探検しよう。

 

言葉が話せない赤ちゃんでも、周りの音を聴いて
キャッキャと笑い出したりすること、ありますよね。
子どもは、音にとっても敏感。
そこに着目し、さらに、最新のデジタルデバイスであるスマートフォン使って、
新しい「音のおもちゃ」はできないだろうかと考えました。

 

そこで、目をつけたのが「ガラガラ」。
振ると、綺麗な音を奏でる昔ながらのおもちゃ。
それが、虫の音、動物の鳴き声だったり、鳥のさえずりだったり、風や波の音だったりしたら...
そして、それがスマートフォンをシェイクするたびに次々に飛び出してきたら...
「パパ、この音は何の鳴き声?」
「これは何か、当ててごらん」
そんな会話が自然と生まれてくるのではないでしょうか。
これが、新しいパパと子どものおもちゃ『アースガラガラ』です。

 

works01-01.pngworks01-02.png

 

このおもちゃは、デジタルアプリですから、単一な音だけではなく、それぞれの音を
組みあわせたシーンを選んで、そのハーモニーを楽しむこともできます。
海や森、ジャングルのシーンには、どんな音が聞こえてくるでしょう。
また、自分たちオリジナルな音の組み合わせ(カスタマイズ)も可能です。
家族で旅行に出かけたときに聞いた音を再現させたり、
夢に出てきた空想の物語の音を創ってみたり、創造力が高まります。

 

もちろん、このアプリは、きっと、これだけの遊びに留まらないでしょう。
これをきっかけに、
「絵本の読み聞かせの演出音に使って子どもを驚かせよう」とか、
「この動物のことを図鑑やパソコンで調べてみよう」とか、
「本当にこんな声で鳴くのか、一緒に動物園に行って二人で確かめてみよう」とか、
「今度の夏はパパの故郷へ帰って、自然の音に耳を傾けてみよう」といったように、
デジタルからリアルの世界へと次々に広がっていきます。
自然の音を通じて、子どもと一緒に、もっと豊かなコミュニケーションを誘発するアプリ、
アースガラガラ。


子どもと一緒に耳を澄ませて、音の世界に引き込まれてみてはいかがですか。

 

>>もっと詳しく(PaPaCo Design Project公式サイトへ)
>>ダウンロードはこちらから(iTunesへ)

 

iPhone/iPod touch端末からもApp Storeにアクセスし、
『アースガラガラ』と検索して、ダウンロードすることができます。

next

Information from NewEntry

#9:「健康日本21全国大会」にて、カズフミくんを紹介しました

2012年10月19日に、厚生労働省・健康日本21推進国民会議などの主催による、「第13回...

#9:電通エントランスに『きのかみ』を期間限定で展示

2012年10月15-26日、汐留にある電通本社ビルのエントランスエリアにて、「Wood ...

pagetop