Prev next

PaPaCo YOSHINO イメージ

#4:『きのかみ』の販売、始まる。


NPO法人「Yoshino Heart」と、私たちSISが手掛ける「PaPaCo Design Project」が
協働で立ち上げた、パパと子どものためのおもちゃブランド「PaPaCo YOSHINO」から、
第一弾として『きのかみ』の販売が始まりました。

papacoyoshino04-1.jpg papacoyoshino04-2.jpg papacoyoshino04-3.jpg

『きのかみ』は、奈良県吉野の森の杉素材をそのまま活かした、木の紙です。
木材をスライスして、紙に貼り合わせて制作。
1枚1枚違う木目の風合いと、ほのかな木の香りをお楽しみください。

まずは、ミュージアムショップNADiff ( 国立近代美術館、東京都現代美術館、水戸芸術館、
愛知県美術館、NADiff a/p/a/r/t) 、トイギャラリーApty 四谷店(東京おもちゃ美術館内)、
トイショップApty 中野店にて販売します。

「PaPaCo YOSHINO」は、親子が楽しく遊べるきっかけをつくることを目的に、
日本の林業発祥の地、奈良県吉野の杉や檜の端材・間伐材を使った
おもちゃを開発、発信、販売するために立ち上がりました。
その活動を通して、吉野の森の再生に貢献することも目指しています。

すでに発表している『どうぶつのドミノ』『つみき』も、
今後、インテリアショップやおもちゃショップなどで販売を行っていく予定です。

>>「PaPaCo YOSHINO」の公式サイト

Prev next

Information from NewEntry

#9:「健康日本21全国大会」にて、カズフミくんを紹介しました

2012年10月19日に、厚生労働省・健康日本21推進国民会議などの主催による、「第13回...

#9:電通エントランスに『きのかみ』を期間限定で展示

2012年10月15-26日、汐留にある電通本社ビルのエントランスエリアにて、「Wood ...

pagetop