next

パパコ絵本 イメージ

#1:「笑いのプロ」と一緒に、子どもに読ませたい絵本をつくろう!


子育ての楽しさを「パパ芸人」と一緒に発見・発信をしている「PaPaPARK!」。
「みんなで笑ってハッピーに♪」をテーマに、吉本興業が手掛けるプロジェクトです。
私たちSISの「PaPaCo Design Project」の思いや活動に賛同いただき、
「笑いのプロ」と「コミュニケーションのプロ」が掛け合わさり、仕掛けていこう!
という新たなチャレンジがスタートしました。

パパがいちばん見たいのは、子どもの笑顔。
子どもに伝えたい大切なことも、やさしい眼差しも、親子で楽しみながら伝えることができたら。
そんな思いに共感し、「PaPaPARK!」のパパ芸人と
「PaPaCo Design Project」に新たに参加する、電通のクリエーターがタッグを組んで、
パパが子どもに読んであげたい『パパコ絵本』をつくりました。

SISは「ぷちドネプロジェクト」で、すでに7冊の作品を手掛けており、
絵本の企画制作には、これまでのノウハウと知見を活かせるという利点もあります。

今回参加したパパ芸人は、

papaco_ehon_01_01.jpg

宮川大輔、庄司智春(品川庄司)、多田健二/山田與志(COWCOW)、博多華丸(博多華丸・大吉)、
藤本敏史(FUJIWARA)、ヒデ(ペナルティ)、佐藤哲夫(パンクブーブー)、堤下敦(インパルス)
です。もちろん、みなさん、小さなお子さんがいらっしゃる現役パパ。
それぞれに、コピーライターとアートディレクターが加わって、全8チームが結成されました。

どのチームもセッションを繰り返して、親子で一緒に読んで笑顔になれることは何か?
父親として伝えたい大切なことは何か?を考え、それぞれにオリジナリティ溢れ、
想いがたくさん詰まった絵本として、8作品がラインナップされました。

papaco_ehon_01_02.jpg

これらの作品は「ぷちドネ」でもご一緒している、絵本アプリ「森のえほん館」にて
デジタル絵本として、先行リリースいたします。
パパ芸人ひとりひとりが朗読した音声付きで、読み聞きすることができます。

「森のえほん館」はiPad/iPhone/iPod touch/Android各端末から、「森のえほん館」と検索して
ダウンロード(無料)してください。

<<「パパコ絵本」の作品について詳しくはこちら
<<「PaPaPARK!」公式ウエブサイトはこちら
<<「森のえほん館」について詳しくはこちら

next

Information from NewEntry

#9:「健康日本21全国大会」にて、カズフミくんを紹介しました

2012年10月19日に、厚生労働省・健康日本21推進国民会議などの主催による、「第13回...

#9:電通エントランスに『きのかみ』を期間限定で展示

2012年10月15-26日、汐留にある電通本社ビルのエントランスエリアにて、「Wood ...

pagetop