Prev next

Entertainment Contents イメージ

#2:まずは、おちょこな料理レシピから。

ClipCMを使った4コマ動画を見て楽しめ、しかも役に立って、
さらには、ユーザー自身が、同じような作品をClipCMアプリで作りたい!
と思ってもらえるようなコンテンツってなんだろう?

 

4コマのシンプルなフレームでありながら、無限の可能性があるClipCM。
アイデアも広範囲から絞り込むのに、いろいろな話し合いがされました。

 

その中で最終的に絞られたのが、「料理」というテーマ。

 

短いステップで、シンプルにハウツーが説明できれば、ユーザーにとって、便利で楽しい!
3分間クッキングとレシピ本のあいだのようなコンテンツイメージです。

 

ユーザー参加型の料理レシピポータルが人気な昨今、
自分でつくった料理を、ClipCMアプリでレシピにして、残しておきたい!
というニーズも出てくるのではないか。


 15秒でわかる「4コマ料理レシピ」という方向性。

 

しかし、一口に料理レシピと言っても、既に様々な切り口のものが存在しています。
ClipCMにマッチしていて、ちょっと珍しく、面白い切り口を発見しなくてはいけません。

 

ClipCMは、コンパクトでシンプルながらも、ギュッと想いやメッセージが詰まったもの。
そんならしさを料理というテーマに重ねてみたときに発想したのが、
器を小さくして、美味しさをギュッと凝縮した料理って、どうだろうか?

 

『おちょこ』に、ちょこっと盛る、ひと口サイズの料理レシピ。

 

それも、単なる付け合わせではなく、その一品がおちょこという器にあった料理として、
ひと口で食べる料理として、際立ったものにしよう!
おちょこと言っても、和食や料亭なイメージではなく、
カジュアルリッチで、ちょっとオシャレな感じのお手軽レシピをiPhoneアプリでつくろう!

 

iPhoneアプリらしい機能や使い勝手も搭載し、エンターテイメントとしても、
楽しいものになれば、面白いコンテンツになるだろう!ということで設計開発に着手しました。

Prev next

Information from NewEntry

#6:日本の元気を応援する栄養ドリンク『Regain』とコラボ!

2012年4月19日からスタートする、第一三共ヘルスケアの『Regain Rejapanプ...

#5:東洋英和女学院大学でClipCMワークショップ

2011年11月から2012年2月にかけて、東洋英和女学院大学 国際社会学部の「行動経済学...

pagetop