next

CONCEPT イメージ

【introduction】CMをもっと自由に

皆さんは「CM」と言うと、どんなものを思い浮かべられるでしょうか。

企業の商品PRのようなものが真っ先に浮かんできてしまうかもしれませんが、
実は、音楽アーティストが新曲のお披露目をする場所だったり、
行政が新しい政策を伝える方法だったり、社会的なメッセージを広く伝える手段だったり・・・。
CMとは様々な立場の人が、色々な事を伝えるものだと思います。

 

 日本で初めて民間テレビ放送が始まって、今年で57年。
その間にもちろんCMも進化を重ねてきました。

CMは、視聴者が何度も見るものだから、
15秒や30秒といった、短い時間の制約の中でも、
出来るだけ目を引く面白いもの、楽しませるものでありたい。
たとえば旬のタレントが出演していたり、冴えたアイデアで人を唸らせるものがあったり、
人気アーティストの楽曲で惹きつけてみたり・・・

こうしてCMは単なる宣伝から、大衆文化、エンターテイメントに成長しました。

WEB2.0時代もかなり成熟し、これだけ個人が情報発信できるようになった今、
「CMを、個人がごく気軽に、簡単な方法で作れたら、どうなるだろう?」
そんな夢想から、このプロジェクトはスタートしました。

いちばんミニマムな形でCMが作れるアプリケーション、ClipCMの誕生です。

CMのミッションとは「伝えたいことが、伝わること」。
ただ言いたい事を言うだけでは、伝えたつもりが伝わっていなかったり、
実は、あまり記憶に残っていなかったりするかもしれません。
だからこそ、見た人をハッとさせ、なるほど、と納得してもらえるような、
アイデアやストーリーを考えてみることが大切です。
そして、これは、普段CMを制作しているプロかどうかに関わらず、
だれにとっても大切なことだと思うのです。

大切に作られたCM作品は、贈られた相手にとっても、
素敵なプレゼントになるのではないでしょうか。

「CMをもっと自由に。」を最終ゴールに、個人のアイデアやひらめきで、
面白いCM=エンターテイメントが流通していく世界が生まれたとしたら?
そして、CMのノウハウがパーソナルなコミュニケーションをもっと豊かにしていったら?

なんだかワクワクしてきませんか?

next

Information from NewEntry

#6:日本の元気を応援する栄養ドリンク『Regain』とコラボ!

2012年4月19日からスタートする、第一三共ヘルスケアの『Regain Rejapanプ...

#5:東洋英和女学院大学でClipCMワークショップ

2011年11月から2012年2月にかけて、東洋英和女学院大学 国際社会学部の「行動経済学...

pagetop