PRODUCT イメージ

#1:星に想いを届けられる絵本『きらきら星に贈る詩』、リリース

100億人の宇宙詩(そらうた)-地球人の心プロジェクト-、
この活動の第1歩として、宇宙に想いを馳せ、小学生の子どもたちが綴った詩を
編んだデジタル詩集絵本『きらきら星に贈る詩』の配信を
iPad・iPhone・Androidアプリ「こえほん」内にて、スタートしました。

これは、財団法人日本宇宙フォーラムが手掛ける「地球人の心プロジェクト」の中で、
谷川俊太郎さんが「宇宙」をテーマに書き下ろしてくださった第一詩に続くよう、
子どもたちが思い思いの作品を綴っていくという取り組みから生まれた絵本です。

bluee_pd01_01.png bluee_pd01_02.png bluee_prd_icon03.png

今回は、これまで集まった作品の中から、福岡雙葉小学校2年生(2010年当時)の
学級活動の中から生まれた、10作品をセレクトしました。
田中尊子先生による熱心なご指導もあり、子どもの感性と想像力が詰まった心に響く
「宇宙詩(そらうた)」がラインナップされたハートフルな絵本になりました。

また、100億人の宇宙詩(そらうた)-地球人の心プロジェクト-として、
この絵本の読者向けに、掲載された作品に続く、新しい「宇宙詩」を募集し、
応募作品を2012年夏、ロケットに乗せて、国際宇宙ステーション「きぼう」へ打ち上げます。
絵本のタイトル『きらきら星に贈る詩』を、本当に実現させてしまおう!という
夢と希望を持った壮大な企画に仕立てました。

絵本の朗読には、女優・写真家など、幅広くご活躍中の松田美由紀さんに参加いただきました。
社会活動に熱心な松田さんには、「宇宙」を舞台とした今回の活動の趣旨に賛同いただき、
私たちと共鳴いただけたことは、とても嬉しいことです。

作品を聞いて読んで、楽しむだけではなく、
家族みんなで宇宙の話で盛り上がりながら、子どもたちが詩を綴って、
この活動に参加することもできる、新しいスタイルのデジタル詩集絵本
『きらきら星に贈る詩』の世界をぜひ体験してください。

まずは、アプリをiPad/iPhone/iPod touch/Android各端末から、「こえほん」と検索して
ダウンロード(無料)してください。この作品はアプリ内のストアから購入できます。
*収益の一部は、日本宇宙フォーラムの「地球人の心プロジェクト」の運営に活用されます。

>> 絵本アプリ「こえほん」についての詳細はこちら

SISは「100億人の宇宙詩-地球人の心プロジェクト-」製作委員会のメンバーとして、
この活動と絵本の企画・制作・編集に携わっています。
来年の夏のロケットでの応募作品の打ち上げに向けて、多くのみなさんに参加いただけるよう、
今後、さまざまな展開を仕掛けていきます。



※「こえほん」は、2014年6月末日をもちまして、終了いたしました。


Information from NewEntry

#1:星に想いを届けられる絵本『きらきら星に贈る詩』、リリース

100億人の宇宙詩(そらうた)-地球人の心プロジェクト-、この活動の第1歩として、宇宙に想...

#1:SIS次なる活動の舞台は、いよいよ宇宙へ

地球ってなんだろう?地球人ってなんだろう?宇宙を見上げ、この星で出会った人々や自然に想いを...

pagetop