Prev

CONCEPT イメージ

#4:地球の未来へ。いちばん身近なところから。

地球と、地球に住まう人々の未来が、限りなく青く美しく、希望あふれるものであったら。
そんなセカンド・ミッドセンチュリーを想像しながら、アースブレストをしよう!

 

Bluest Earthプログラムでは、そんな壮大な理想を思い描いていますが、
一方で、現実的に今すぐ踏み出していける、初めの一歩は何だろう?と考えました。

 

まず最初に出たキーワードは、
「未来づくりへの第一歩は、人づくりから」

 

未来をつくっていくのは、やはり今を生きる人です。
そして、未来を担う子どもたちを育てるのは、親です。
親子がもっともっといい関係になり、親から子へ伝えること、
そして、子から親が感じることができる機会が増えていったら
きっと、未来は変わっていくでしょう。

 

そして、二つめのキーワードは、
「コミュニケーションで貢献できること」

 

私たちが得意なのは、コミュニケーションのこと。
子どもの教育のことから考えてみるとか、子育てに必要な環境のことを考えてみるとか...
そこから始めるということではなく、私たちらしく親子のことを考えてみたい。
そんな思いから、楽しく会話が弾み、遊んでいるような感覚で、
親子が接する機会をたくさんもつことのできる
「コミュニケーションツール(=おもちゃ)」を考えてみよう!
ということに至りました。

 

感性が豊かでクリエーティブな次世代が、次々に生まれてくることに一役を担いたい
との思いへつながるこのテーマで、アースブレストをまず始めよう!ということに。

 

こうして『PaPaCo Design Project』が、
Bluest Earthの最初の派生プログラムとして、立ち上がったのです。

 

>>『PaPaCo Design Project』について、詳しくはこちら

Prev

Information from NewEntry

#1:星に想いを届けられる絵本『きらきら星に贈る詩』、リリース

100億人の宇宙詩(そらうた)-地球人の心プロジェクト-、この活動の第1歩として、宇宙に想...

#1:SIS次なる活動の舞台は、いよいよ宇宙へ

地球ってなんだろう?地球人ってなんだろう?宇宙を見上げ、この星で出会った人々や自然に想いを...

pagetop