Prev next

ACTIVITIES イメージ

SIS、米国テキサスに行く!?

テキサスと聞いて思い浮かべるのは、カウボーイ、肉、ブッシュ大統領...
そんな場所に、なぜ私たちSISが行ったか?
それは、テキサスの州都、オースティンで年に一度開催される大きな祭典、
『SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)』があったからです。

『SXSW』は、今年25周年を迎える歴史のあるコンベンション。
毎年3月の2週間に渡って開催され、1億ドルに及ぶ経済効果をもたらすようです。
音楽部門からスタートし、フイルム、インタラクティブと広げ、
中でも、インタラクティブ部門が、世界50カ国、3万人を超える参加者を有する
巨大コンベンションへと急成長しています。

この急成長の背景には、Twitterの存在があります。
サービスが始まったばかりの2007年、TwitterはSXSWウエブアワードの大賞を
受賞したことがきっかけで、世界中が注目し、大ブレイクしました。

このようなSXSWインタラクティブ部門に、電通グローバルネットワークとして、
東京・ニューヨーク・ロンドンからスタッフを集め、ブース出展をすることになったのです。

そのコンテンツのひとつとして、SISは4つのアプリをプレゼンテーション。
「ClipCM」「おちょこレシピ」「アースガラガラ」「モバイルフォンスター」
それらは、現状日本のマーケットへの限定配信ですが、このような機会を通して、
世界の国々でも展開していきたいという強い想いを持っていたことは間違いありません。

 

sis_texas01.jpg sis_texas02.jpg sis_texas03.jpg

 

今回は、まさにその第1歩。
3月14日~17日の4日間のコンベンションで、世界中の様々な方と話ができました。
反応も上々で、クリエーティブなアイデア力は、言葉や文化の壁を越えて通用することを
改めて実感し、多くの方々から、なぜ日本以外ではアプリがダウンロードできないのか、
というお叱りや落胆の声をいただくこととなりました。

 

sis_texas04.jpg sis_texas05.jpg

 

それは逆に、私たちにとっては、大きなパワーと希望になり、
この経験から学んだこと、発見したことを取り込みながら、
これからも積極的に世界へ出ていこうと、新たに決意しています。

>>『SXSW』のウエブサイト
>>『SISウエブサイト英語版』はこちら

Prev next

Information from NewEntry

第17回:財団法人日本宇宙フォーラム主任研究員 山中勉

地球人を育てるために(3)『詩×宇宙×IT=地球人!』武藤 今回SISとの取り組みとして、...

第17回:財団法人日本宇宙フォーラム主任研究員 山中勉

地球人を育てるために(2)『地球人としての視点が芽生えるまで』武藤 そもそも山中さんご自身...

pagetop